田村山安養寺

安養寺は真言宗智山派のお寺です
DSCF5166
 安養寺の由来
田村山安養寺(真言宗智山派)は高幡不動尊から浅川を渡った北東にあり、多摩川の近くに位置しています。将棋好きの言葉で「王手は日野の万願寺」と言いますが、その万願寺の南東に接しています。なお、今日万願寺というお寺はなく、地名として残っているのみです。
「田村」というのは、かつての日野市下田のことですが、その名はこの辺りから起こり、居館を構えていた武蔵田村に由来しています。田村氏は日奉氏族西党の一氏で、知行地を有していました。田村駄太郎知實、その子の同三郎弘綱(平安時代後期〜鎌倉時代初期)等の末裔に、安養寺を開基したといわれる田村安栖がいます。
田村安栖は小田原城の御殿医で、小田原北条氏最期の場面に小田原の自邸を提供し、氏政、氏照兄弟が切腹場に当てた(1590年・天正18年7月11日)ことは「北条五代記」(小田原記)に詳しく書かれています。今でも小田原市の中央部に「安栖小路」の名が残っています。
安養寺の本堂(1690年頃・元禄時代初期)は田村氏の書院の一部を使い、建立されたと伝えられております。
また、本堂北側に隣接する茅葺屋根の庫裏は本堂よりも古く、中興開山法印慶深の位牌に1606年・慶長11年11月22日没と刻していることから、その前後に建立されたものと思われます。黒光りする古い柱や床に残されている手斧の跡に、古館の結構を偲ぶことができます。
本堂に安置されている本尊阿弥陀仏如来坐像(都重宝)は、安養寺の前身である万願寺の本尊であったものと思われ、平安時代後期の作で端麗で細部の手法も見事です。また、藤原時代の毘沙門天像、鎌倉時代の大日如来立像等、多数の古仏も安置しております。
現在の本堂は、1983年・昭和58年に檀信徒をはじめ日野市並びに東京都のご協力により、改修復元工事を実施することができました。今日まで幾多の歴史的災害をのりこえてきたこれらの文化遺産を、私達は先人の例に習い、皆様と共に子々孫々に伝え護持していかなければならないと思います。 合掌。

田村山安養寺
第二十一世住職 石黒 忠雅

 日光菩薩像・月光菩薩像建立
かねてより懸案でありました、薬師如来の脇仏として日光菩薩像と月光菩薩像を建立致しました。これによって、薬師如来は三尊形式とすることができました。
脇仏については構想数十年、制作に1年余の時間を要しております。併せて須弥壇も新たに制作し、大変立派な薬師堂となりました。
建立には檀家信徒の皆様、御喜捨頂いた皆様のお陰によるもので、ご芳名は像の中にお納めしております。
安養寺にお越し頂き、日光菩薩像月光菩薩像にもお参り下さいますようご案内申し上げます。
安養寺
Stacks Image 464235
安養寺
 令和2年 大施餓鬼会法要の様子(7月22日)
本年の大施餓鬼会法要はCOVID-19の影響下、毘沙門天大祭に続き、小規模での法要となりました。本堂、境内ともソシアルディスタンスに配慮して椅子などを配置し、僧侶や檀信徒の皆様もマスク着用にて厳修されました。ご法話やミニコンサートも中止され、法要のみ行われました。
Stacks Image 464600
いつものように法要を待つばかりに整えられた施餓鬼棚。
Stacks Image 464605
午後3時、喚鐘の音で法要の開始が告げられましたが・・・。
Stacks Image 464611
本堂はいつもの半分以下の椅子配置です。
Stacks Image 464616
2張りのテントも、まばらな椅子配置です。
Stacks Image 464622
石黒住職も飛沫防止マスクの着用です。
Stacks Image 464627
法要は、例年に変わらず厳粛に行われました。
 令和2年度 毘沙門天大祭の様子(4月5日)
COVID-19感染へ拡大懸念が高まる中での厳修でした。檀信徒の皆様は自粛をお守り頂きご来山がなく、世話人さんと関係者だけで法要が行われました。毘沙門天のご威光で1日も早く家内安全・息災延命・厄災消除がもたらされるよう、祈るばかりです。
Stacks Image 464543
境内のしだれ桜は若葉と花が美しく調和していました。
Stacks Image 464554
「喚鐘」とともに法螺貝を吹鳴する僧侶を先頭に、僧侶の方々の入場です。
Stacks Image 464559
護摩札は僧侶の読経の中、例年通り厳粛にお清めがなされました。
Stacks Image 464578
三密の防止と、参加自粛が徹底された寂しい堂内です。法要には世話人さんと関係者のみが参加いたしました。